にきびに関する豆知識

ニキビ治療はどこから来たのか

お肌の健康に良い食べ物はビタミン類を取るといいですが、ここではなぜビタミンを取るとお肌に良いのか、より具体的に説明しようと思います。
ビタミンと言っても様々な種類があります。
ビタミンAはばい菌の侵入を防ぎ、ビタミンB2には皮脂を代謝を良くします。
ビタミンB6は皮膚の老化を防ぎ、ビタミンC・Eは炎症を引き起こす活性酸素を抑制してくれます。
ビタミンが多く含まれる食べ物は牛乳やレバー、ウナギなどが挙げられますが、他にもビタミンが取れる食べ物はたくさんあります。
池袋、新宿クリニックでは健康的なお肌になってもらうため、食生活の指導を心がけております。
専門家による指導を受けてみるのもいいですね。

にきびとチョコレート

にきび治療の一つとしてよく取り上げられる光線治療。
どのような方法でにきびを治していくのでしょうか。
光線治療とはお肌に直接光線を当てて治療する方法をいいます。
これによりにきびの元となるアクネ菌を殺菌し、にきびの元となる成分を除去することができます。
また、毛穴を小さくしたり肌質を改善する効果もありますので、重度のにきびも治すことができます。
光線を当てる際は少しチクチクした痛みが伴いますが効果は十分期待できます。
池袋と新宿のクリニックで施術可能ですので、ご相談したい際はぜひお立ち寄りください。
最新の機械をご用意して待っています。

にきびにとって良い食べ物とは?

ケミカルピーリングとは、酸を使って角質層を剥がし、お肌の状態をリセットすることを言います。
お肌は3~4週間で生まれ変わると言われますが、年齢や環境によって古い状態の肌が残ってしまったり正しく作られなかったりすることがあります。
このまま放置していると毛穴が詰まってしまいにきびができてしまう原因になりますので、酸を使って剥がしてあげなければなりません。
新しい肌に生まれ変われるということは代謝が良いという証拠になりますので、にきびができにくい肌になったということになるのです。
これは従来の薬で塗る皮膚科の治療とは違い、予防を含めた美肌効果のあるニキビ治療であると言えるでしょう!