にきび前の予防

にきびの予防をする前に・・

にきびの予防をする前に・・ばい菌から私たちの身体を守ってくれるアクネ菌。
しかし、時にはにきびとなってお肌の病気の原因にもなります。
アクネ菌がにきびに変化するのは毛穴が詰まってしまうことが原因です。
毛穴が詰まるのは生活習慣が乱れたり、肌が乾燥したり皮脂が多すぎたり等様々な肌トラブルによって起こります。
顔は常に外気にさらされているため、毛穴が詰まらないようにするのは難しいです。
にきびができる原因は人によって違いますし環境によって変わってきます。
池袋・新宿クリニックではにきびが発生する原因をお調べすることが可能です。
ニキビ治療を行う前にお肌が気になる方はぜひ来院頂ければと思います。

にきびができにくい肌にしよう!

にきびができにくい肌にしよう!にきびができにくいお肌にする1番の方法は「お肌を清潔にしておくこと」です。
アクネ菌もばい菌です。
汚い不衛生な状態でいるとあっという間に繁殖していきます。
お肌を健康的にしておけば、アクネ菌の増殖を防ぐことができ、にきびができにくいお肌になっていきます。
そのためにも、まずは洗顔の方法を見直してほしいのです。
洗顔は毎日やることだからとないがしろにしていませんか?洗顔はほんの少し時間をかけるだけで違ってきます。
日々の習慣にしていけばきれいなお肌を目指せるのです!では、何に気を付けて洗えばいいのか。
ポイントを簡単にまとめますのでしっかりとチェックしていきましょう!

洗顔でにきび予防をしてみよう

洗顔でにきび予防をしてみよう洗顔はただ単に洗えばいいというものではありません。
まずは、顔を洗う手をきれいにして下さい。
汚れた手でいくら洗ってもばい菌がつくだけで効果はありません。
手をきれいにしたらまずは汚れを落とすため、顔全体を軽く洗います。
少しぬるめのお湯がいいですね。
その後石鹸を泡立てていきます。
泡立てた方が汚れを落としやすくなるのでしっかりと。
泡立ったら、顔全体に塗っていきます。
ゴシゴシと動かすのではなく、優しく丁寧に。
特に、にきびが気になる部位に対してはより丁寧に洗って下さい。
強くこするとお肌を傷つけます。
洗い終わってタオルで拭く際も優しく包み込むようにして下さい。
これで清潔なお顔になれますよ!